平等院
平等院 (世界遺産)
1052年に宇治関白藤原頼通が父道長の別荘を寺院に改めたものです。
「鳳凰堂」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられました。
大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な扉絵で、装飾されています。
二重の天蓋や雲中供養菩薩も必見です。
「鳳凰堂」の前には、池を配した庭園(史跡・名勝)がありますが、
創建当初は宇治川や対岸の山並みを取り入れて、西方極楽浄土を
表現したものといわれています。
閉じる